看護部紹介

専門・認定看護師の紹介

令和2年6月現在

認定看護管理者(井上 祐子)

認定看護管理者(井上 祐子) 平成29年7月、日本看護協会の認定看護管理者の資格を取得しました。
 認定看護管理者は、多様なヘルスケアニーズを持つ個人、家族及び地域住民に対して、質の高い組織的看護サービスを提供することを目指し、看護管理者の資質と看護の水準の維持及び向上に寄与することにより、保健医療福祉に貢献する役割があります。
 現在、地域医療室副室長として、療養支援、入退院支援、がん相談などを実践し、地域の医療機関、介護福祉機関の窓口として、地域および院内の連携に奮闘しております。地域包括システムの構築に努力し、地域住民の療養支援に取り組んで参りますので、組織的連携や患者・利用者サービスに関することなどの相談にお役に立てれば光栄です。

訪問看護認定看護師(坂本 由規子)

訪問看護認定看護師(坂本 由規子) 平成23年7月に訪問看護認定看護師の資格を取得しました。
 訪問看護は、療養生活を支える専門家として、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる年齢の方を対象に、予防から看取りまでの看護を担っています。
 当院には「赤穂市訪問看護ステーション」があり、赤穂市民病院はもちろんのこと、地域の医療施設、介護福祉施設やサービス、学校や地域住民の方とも連携を大切にしています。ご自宅での療養に不安のある方、今後の療養生活場所をどうしたらよいか悩んでおられる方、地域にどのようなサービスがあり、どのように活用できるか知りたいと思っている方、一緒に希望をお聞きしながら、考え、支援させて頂きます。ご連絡ください。

緩和ケア認定看護師(武内 佐和子)

緩和ケア認定看護師(武内 佐和子) 「こんにちは・・平成23年7月に緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。」
 緩和ケアと聞くと、ホスピスや人生の終末期をイメージされることが多いと思います。しかし、実際は、診断を受けたその時から積極的な治療の時期、人生の終末期までのすべての期間において患者様・ご家族が抱える身体的、心理社会的な問題を含めたさまざまな苦痛を積極的に緩和することを目的としています。緩和ケア認定看護師は、このような苦痛の緩和を図ることに加え、患者様・ご家族の意思を大切にし、できる限り希望に添えるよう支援することを活動指針としています。
 主な活動内容は、緩和ケアチームの一員として、第2火曜日の「がん相談窓口」での相談や、週に一度、緩和ケアチームへの依頼のある患者様のラウンドを、医師・薬剤師と共に行っています。また、所属する病棟では患者様のさまざまな苦痛の緩和が図れるようにケア(口腔ケア、リンパドレナージ、エンゼルケアなど)を行い、その技術や方法を看護スタッフが実践できるよう援助しています。
 今後の私の目標は、患者様が『その人らしく生きる』ことを支えていくことです。そのためにも、患者様・ご家族が感じておられるつらい症状や思い、これからの希望を聴かせていただき、他の看護スタッフと一緒に支援していきたいと考えています。緩和ケアに関してお困り事がありましたら、患者様・ご家族を含め、緩和ケアに悩む地域の看護師の方々も、どのような事でもお気軽にご相談ください。

糖尿病看護認定看護師(明石 千香子)

糖尿病看護認定看護師(明石 千香子) 糖尿病は、インスリンの分泌不足や作用不足により血糖値が慢性的に高くなり、さまざな合併症をひきおこす病気です。 合併症の発症を予防するためには生涯にわたる治療が必要といわれています。その治療は食事、運動、薬物療法であり、その人の生活の中で行われます。患者さま一人ひとりの生活を大切にし、生活の中に糖尿病治療を取り入れることができるように支援していきたいと思います。
 また、地域の方々どなたでも参加していただける、糖尿病の発症予防や生涯にわたる療養生活への支援を目的とした「糖尿病教室」開催のお世話をさせていただいています。
 糖尿病に関することで、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

感染管理認定看護師(望月 佐紀)

感染管理認定看護師(望月 佐紀) 専従の感染管理認定看護師として院内の全部署に対して、組織横断的に活動をさせていただいております。
 病院における感染防止対策の目的は、患者様はもちろんご家族や面会者、医療従事者、病院を訪れるすべての方々を感染症から守ることです。そのため、感染症の発生動向に注意し、全職員に対する感染予防に関する教育やコンサルテーション(相談)、マニュアルの整備や院内ラウンドなどを行っています。感染を予防するには、一部署だけでなく院内全体で取り組んでいかなければ確実な成果は得られません。感染防止対策の重要性を医療従事者一人ひとりが理解し、組織全体で統一して取り組むことができるように、わかりやすい指導を心掛けていきたいと思います。
 感染管理に関してお困りのことがありましたら、患者様およびご家族を含め、地域の看護師の方々もお気軽にご相談ください。。

慢性心不全看護認定看護師(福場 花奈)

慢性心不全看護認定看護師(三宅 花奈) 平成29年7月、慢性心不全看護認定看護師の資格を取得しました。
 心不全とは心臓の機能が低下し、全身に上手く血液を運ぶことが出来なくなる病気です。慢性心不全は症状が良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴であり、長く付き合っていかなければならない病気です。心不全を管理しながら生活するためには、塩分を控えた食事や運動制限など日常生活に制限が生じます。慢性心不全看護認定看護師として、患者さま個々の心臓の状態や生活様式に合わせて、病気と上手く付き合いながら生活が出来るようにお手伝いをさせていただきたいと考えています。
 当院には心臓リハビリテーションチーム・心不全チームがあり多職種で心不全患者さまの支援を行っています。心不全に関することで、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談下さい。

トップへ