患者教室のご案内

平成30年度 赤穂市民病院指標について

「 DPCデータによる病院指標について」

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいて作成した指標のことで、病院の実態をあらわす診療実績とは異なるものです。この病院指標の公開は、当院の特徴や急性期医療の現状を理解していただくことを目的としています。こうしたデータをもとに当院では、さらなる医療の質向上に向け、質改善活動を行っております。

現在公開している病院指標は、集計期間中に当院を退院した患者さんのデータを対象として作成しています。ただし、自動車賠償責任保険や労災保険、自費等を利用された患者さんのデータは含まれません。

当院では指標の公開にあたり、医療機関ホームページガイドラインを遵守しております。

詳細は、病院指標のページより「医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)」をご覧下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/

<DPC(診断群分類)とは>
入院で行われた治療行為を傷病名や治療内容に応じて分類することを言います。
傷病名と手術、処置の有無の組み合わせによって14桁のDPCコードが決められています。

「集計条件」
 ・集計対象は平成30年4月1日から平成31年3月31日までの退院患者であり、一般病棟に1回以上入院した患者
 ・入院した後24時間以内に死亡した患者又は生後1週間以内に死亡した新生児、臓器移植に関する患者は集計対象外
・患者数が10人未満の数値の場合は、-(ハイフン)を表示

 

1.年齢階級別退院患者数 
   (厚生労働省指定のファイルダウンロード

2.診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) 
   (厚生労働省指定のファイルダウンロード) 

3.初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 
   (厚生労働省指定のファイルダウンロード) 

4.成人市中肺炎の重症度別患者数等 
   (厚生労働省指定のファイルダウンロード) 

5.脳梗塞のICD10別患者数等 
   (厚生労働省指定のファイルダウンロード) 

6.診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
    (厚生労働省指定のファイルダウンロード) 

7.その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) 
    (厚生労働省指定のファイルダウンロード) 

 

2015年度DPCデータ

2016年度DPCデータ

2017年度DPCデータ

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。