採用情報

総合診療専門研修専攻医および家庭医療専攻医募集案内

 

◆総合診療科

Ⅰ.赤穂市民病院総合診療科とは
(1)成り立ち
    
当院では家庭医療後期研修を従来の内科で運営してきました。平成29年4月よりそのスタッフおよび専攻医によって総合診療科として看板をかかげ、入院・外来・在宅医療と高齢者入所施設管理を行っていくこととなりました。

当プログラムの特徴
   
外来・在宅・施設入所の方々の治療を、自分達(家庭医)を核として行える地域をケアしていく取り組みを自分達(家庭医)が中心となって実践できる。

Mission(求められている役割)
 
1)統合的ケア
   (ア)科を越えた疾患、社会的問題、心理的問題を包括して問題解決する
 2)高齢者ケア
   (ア)高齢者の特徴を踏まえたケアを実践する
 3)患者中心の医療の方法を用いたケア
   (ア)Disease, Illness, Healthの問題が絡み合った主訴を解釈でき、患者さんとの
            共通基盤に立ったケアを見出して実践できる
 4)緩和ケア
   (ア)緩和ケアの知識、技術をフル活用し、病院・施設・在宅いずれの場所でも
            継続的に責任を持ってケアできる
 5)予防と健康増進を取り入れた行動変容アプローチ
   (ア)禁煙、生活習慣病改善、飲酒問題、服薬アドヒアランスに取り組み、多面的
            アプローチから解決へ導く
 6)チーム医療のリーダー
   (ア)NST、摂食嚥下チーム、緩和チーム、在宅チームなどの多職種連携

Values(存在価値)
 
1)総合診療外来において、様々な主訴や問題点を抱えた患者の包括的ケアを行い、軽症
  から重症まで医学的管理を外来および入院にて行っています
 2)継続性と包括性、責任性を重んじ、患者が行き所ない状態に陥らないようにしています
 3)小児から高齢者まで男女問わず診ることができ、院内外の様々なニーズに応えてきま
  した
  (ア)有年診療所での小児予防接種を平成29年度より開始しました

Vision(将来構想)
 
1)専門医(家庭医療、総合診療)の育成
 2)「指導できる指導医」の継続した育成
 3)臨床研究の推進
 4)地域包括ケアの核となれること

Ⅱ.スタッフ紹介
 1)一瀬 直日
 2)八藤 英典
 3)久保川 修(消化器内科と兼任)

Ⅲ.専攻医紹介 
 1)原田 純
 2)山本 敬祐
 3)溝江 篤

Ⅳ.研修の特徴
(1)高齢者のケアの得意な家庭医を養成
 
多疾患をかかえ複雑な介護環境下にある高齢者が、少しでも幸せに暮らせるような方法を多面的評価しながらチームで考えていきます。在宅医療は小児から高齢者まで、人工呼吸器管理含めた高度な医療を提供しています。

(2)臨床研究のできる家庭医を養成
 
専攻医には年間通して臨床研究に必要なレクチャーを提供し、臨床上の疑問から生まれた研究課題を実践してもらっています。

(3)将来の指導医になるための能力をつけられる研修
 
年間カリキュラムの中で、指導医に必要な能力を育成するためのレクチャーやワークショップ(Faculty Development)を毎月行っています。

赤穂市民病院 家庭医療後期研修プログラムVer.2

Ⅰ.内容紹介

(1) 赤穂市民病院を中心とした運営
西播磨(兵庫県)~東備(岡山県)圏域(人口30万人)を網羅した救急医療から在宅医療まで行う赤穂市民病院を中心として、家庭医養成のため必要な研修を提供します。
総合病院ならではの特色を生かした柔軟性のあるカリキュラムから成る家庭医療研修を受けることができます。
(2) 家庭医療専門医による指導
北海道家庭医療学センターで学び、家庭医育成のノウハウを学んできた指導医(一瀬、八藤)を核として幅広く深い内容を共に学びます。
指導医:一瀬 直日(日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医)
    久保川 修(日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医)
    八藤 英典(日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医)
(3) 診療所で、病院で、施設で、地域で、活躍できる多面的能力にたけた家庭医を育成
・家庭医療・総合診療の柱として、外来・入院・在宅・施設入所者の医学的管理を万遍なく行います。
・これからの日本でさらに需要増大する「高齢者を地域で包括的にケア」する能力を育成。このため内科にとどまらず、小児・産婦人科医療を同時に支えてきました。また人員不足の科(整形外科・脳神経外科など)をニーズに合わせて補完できるようにする。
(4) 家庭医仲間と共に学びあう研修を実施
自施設内だけではなく、他施設の研修医と合同した学習会を行います。
  5月:XK(クロスケー)プロジェクト 春の合宿 ポートフォリオ道場
 10月:兵庫家庭医カンファレンス
 11月:日本プライマリ・ケア学会近畿地方会
  3月:近畿ポートフォリオ発表会
(5) 初期研修と連動した学習環境
平成16年より初期研修医を受け入れてきた実績あり。
院内(病棟・外来・医局)の無線LAN完備、Uptodate・医学中央雑誌の自由閲覧(病院購読型)の他、NEJM等の有名雑誌の自由閲覧ができます。
研修医勉強会、英語勉強会、各種研修会あり生涯学習を推進しています。
各科専門医がそろい、常に新しい知識を仕入れることができる環境です。
各科・各職種の垣根を越えたチーム医療を実践し、院内ラウンドを定期実施中。
(6) 住みやすさに定評のある生活環境
瀬戸内地方の穏やかな気候、豊かな自然環境、美味しい食材が豊富!
鉄道・高速道路・新幹線へのアクセスの良さなど、住みやすさから大阪方面より移住してくる人々も多い地域です。
病院併設託児所、院内病児保育制度あり、子育て中の方でも安心。賃貸住宅利用の場合は住宅手当あり。

 

 総合診療専門研修プログラム詳細はこちら(PDF)

 

研修申し込みなど連絡先

赤穂市民病院
 電話:0791-43-3222(代表) ファックス:0791-43-0351
 プログラム責任者: 一瀬直日(いっせなおひ) 
 Email:issenaohi@yahoo.co.jp

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。