採用情報

  • トップページ  > 
  • 採用情報  > 
  • 総合診療専門研修専攻医および家庭医療専攻医募集案内(平成31年度生について)

総合診療専門研修専攻医および家庭医療専攻医募集案内(平成31年度生について)

 

◆総合診療科

Ⅰ.赤穂市民病院総合診療科とは
(1)成り立ち
    
当院では家庭医療後期研修を従来の内科で運営してきました。平成29年4月よりそのスタッフおよび専攻医によって総合診療科として看板をかかげ、入院・外来・在宅医療と高齢者入所施設管理を行っていくこととなりました。

当プログラムの特徴
   
外来・在宅・施設入所の方々の治療を、自分達(家庭医)を核として行える地域をケアしていく取り組みを自分達(家庭医)が中心となって実践できる。

Mission(求められている役割)
 
1)統合的ケア
   (ア)科を越えた疾患、社会的問題、心理的問題を包括して問題解決する
 2)高齢者ケア
   (ア)高齢者の特徴を踏まえたケアを実践する
 3)患者中心の医療の方法を用いたケア
   (ア)Disease, Illness, Healthの問題が絡み合った主訴を解釈でき、患者さんとの
            共通基盤に立ったケアを見出して実践できる
 4)緩和ケア
   (ア)緩和ケアの知識、技術をフル活用し、病院・施設・在宅いずれの場所でも
            継続的に責任を持ってケアできる
 5)予防と健康増進を取り入れた行動変容アプローチ
   (ア)禁煙、生活習慣病改善、飲酒問題、服薬アドヒアランスに取り組み、多面的
            アプローチから解決へ導く
 6)チーム医療のリーダー
   (ア)NST、摂食嚥下チーム、緩和チーム、在宅チームなどの多職種連携

Values(存在価値)
 
1)総合診療外来において、様々な主訴や問題点を抱えた患者の包括的ケアを行い、軽症
  から重症まで医学的管理を外来および入院にて行っています
 2)継続性と包括性、責任性を重んじ、患者が行き所ない状態に陥らないようにしています
 3)小児から高齢者まで男女問わず診ることができ、院内外の様々なニーズに応えてきま
  した
  (ア)有年診療所での小児予防接種を平成29年度より開始しました

Vision(将来構想)
 
1)専門医(家庭医療、総合診療)の育成
 2)「指導できる指導医」の継続した育成
 3)臨床研究の推進
 4)産科が再開したときの妊産婦外来協働の再開
 5)地域包括ケアの核となれること

Ⅱ.スタッフ紹介
 1)一瀬 直日
 2)八藤 英典
 3)久保川 修(消化器内科と兼任)
 4)松田 宗也

Ⅲ.専攻医紹介 
 1)野田 万理
 2)原田 純
 3)山本 敬祐
 4)溝江 篤
 5)鈴木 智大(兵庫県立柏原病院プログラムより研修中)

Ⅳ.研修の特徴
(1)高齢者のケアの得意な家庭医を養成
 
多疾患をかかえ複雑な介護環境下にある高齢者が、少しでも幸せに暮らせるような方法を多面的評価しながらチームで考えていきます。在宅医療は小児から高齢者まで、人工呼吸器管理含めた高度な医療を提供しています。

(2)臨床研究のできる家庭医を養成
 
専攻医には年間通して臨床研究に必要なレクチャーを提供し、臨床上の疑問から生まれた研究課題を実践してもらっています。

(3)将来の指導医になるための能力をつけられる研修
 
年間カリキュラムの中で、指導医に必要な能力を育成するためのレクチャーやワークショップ(Faculty Development)を毎月行っています。

赤穂市民病院 家庭医療後期研修プログラムVer.2

Ⅰ.内容紹介

(1) 赤穂市民病院を中心とした運営
西播磨(兵庫県)~東備(岡山県)圏域(人口30万人)を網羅した救急医療から在宅医療まで行う赤穂市民病院を中心として、家庭医養成のため必要な研修を提供します。
総合病院ならではの特色を生かした柔軟性のあるカリキュラムから成る家庭医療研修を受けることができます。
(2) 家庭医療専門医による指導
北海道家庭医療学センターで学び、家庭医育成のノウハウを学んできた指導医(一瀬、八藤)を核として幅広く深い内容を共に学びます。
指導医:一瀬 直日(日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医)
    久保川 修(日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医)
    八藤 英典(日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医)
(3) 診療所で、病院で、施設で、地域で、活躍できる多面的能力にたけた家庭医を育成
・家庭医療・総合診療の柱として、外来・入院・在宅・施設入所者の医学的管理を万遍なく行います。
・これからの日本でさらに需要増大する「高齢者を地域で包括的にケア」する能力を育成。このため内科にとどまらず、小児・産婦人科医療を同時に支えてきました。また人員不足の科(整形外科・脳神経外科など)をニーズに合わせて補完できるようにする。
(4) 家庭医仲間と共に学びあう研修を実施
自施設内だけではなく、他施設の研修医と合同した学習会を行います。
  5月:XK(クロスケー)プロジェクト 春の合宿 ポートフォリオ道場
 10月:兵庫家庭医カンファレンス
 11月:日本プライマリ・ケア学会近畿地方会
  3月:近畿ポートフォリオ発表会
(5) 初期研修と連動した学習環境
平成16年より初期研修医を受け入れてきた実績あり。
院内(病棟・外来・医局)の無線LAN完備、Uptodate・医学中央雑誌の自由閲覧(病院購読型)の他、NEJM等の有名雑誌の自由閲覧ができます。
研修医勉強会、英語勉強会、各種研修会あり生涯学習を推進しています。
各科専門医がそろい、常に新しい知識を仕入れることができる環境です。
各科・各職種の垣根を越えたチーム医療を実践し、院内ラウンドを定期実施中。
(6) 住みやすさに定評のある生活環境
瀬戸内地方の穏やかな気候、豊かな自然環境、美味しい食材が豊富!
鉄道・高速道路・新幹線へのアクセスの良さなど、住みやすさから大阪方面より移住してくる人々も多い地域です。
病院併設託児所、院内病児保育制度あり、子育て中の方でも安心。賃貸住宅利用の場合は住宅手当あり。

 

Ⅱ.プログラム概要

概要
A. プログラムを展開する場や医療施設の地域背景や特長

兵庫県西播磨医療圏の基幹病院として家庭医療と各種専門科を提供している赤穂市民病院を軸とする。最も近い救命救急センターまで40km離れているため、1次医療と2次医療を提供するだけでなく、実質的に3次医療を提供する総合病院である。ここでは必修科目として総合診療研修Ⅱ、内科、小児科を学ぶ。総合診療研修Ⅰは赤穂市民病院から数百メートルの町中に位置する松本クリニックで、外来・訪問診療を学ぶ他、地域包括ケアや認知症カフェの運営にも携わる。必修科目の救急医療は西播磨医療圏の受け皿である製鉄記念広畑病院(姫路市)、または兵庫県災害医療センター(神戸市)にて学ぶ。

B. プログラムの理念、全体的な研修目標

診療所でも、病院でも、施設でも、地域でも、どこでも活躍できる多面的能力にたけた家庭医を育成する。
外来・在宅患者の入院治療を、家庭医を核として治療を実践する。
これからの日本でさらに需要増大する「高齢者を地域で包括的にケア」する能力を育成する。

C. 各ローテーション先で学べる内容や特色

総合診療研修Ⅰ:小児から高齢者までの外来診療、ターミナルケアを含む訪問診療、認知症カフェの運営を含む地域包括ケア活動、学校医活動
総合診療研修Ⅱ:成人の外来診療と入院医療、難病患者の訪問診療、ウィメンズヘルス外来、介護施設の医療管理、禁煙外来
内科:糖尿病・腎臓病・循環器科疾患・消化器科疾患・呼吸器科疾患・神経疾患・膠原病・血液内科疾患等の専門研修
小児科:小児全般の外来診療および入院医療
救急医療:主に3次救急医療
赤穂市民病院で選択できる専門研修:産婦人科、脳神経外科、整形外科、形成外科、泌尿器科、皮膚科、耳鼻咽喉科
呼吸器科(選択):たつの市民病院における外来診療および入院医療
精神科(選択):赤穂仁泉病院における外来診療および入院医療 

その他 

当プログラムでは4年間のプログラムで研修を修了し5年目に専門医試験を受験することになる。選択科目は2ヶ月をこえて延長も可能である。また希望すれば再研修することもできる。さらに、長い選択研修期間中に内視鏡検査トレーニングや外科系のトレーニングを赤穂市民病院で受けることができる。

 

注:2017年度生からは「家庭医療専門医」取得するためのカリキュラムは(Ver.2)へ変更し4年間のプログラムとなりました。Ver.1プログラムの募集は終了しています。

(1) 専攻医の研修評価方法
(ⅰ) 自己評価および他職種による評価:「ポートフォリオ」による自己評価、「フィードバック用紙」を用いた自己評価と指導医との形成的評価、学会・研究会発表による評価、論文執筆による評価
(ⅱ) 各ターム終了時における研修到達(アウトカム)の評価
(ⅲ) 全研修期間終了時における総合評価により研修終了認定を行う
(2) プログラムの質の向上・維持の方法
(ⅰ) 専攻医との定期的な形成的評価によりプログラムの改善をはかる
(ⅱ) 他の後期研修施設との定期的な交流や、合同研修発表会に参加

 

平成30年度は専攻医3年目:1名、2年目:3名が研修中

 募集は、総合診療専門研修プログラムと合わせて3~4名前後としています。

総合診療専門研修プログラム詳細はこちら(PDF)

 

 

Ⅲ.家庭医を目指す方へのメッセージ

 「家庭医」という単語が日本の中でまだ社会的にも認知されていない時代に、あえて日本で家庭医になるための研修を作り上げながら学んできました。家庭医療との最初の出会いは1998年3月のこと。北海道家庭医療学センターのエクスターンシップに医学部5年生で参加し、葛西龍樹先生の熱いレクチャーを洞爺湖畔のログハウスで受けました。その年の夏、学生実習としてカナダのトロント大学病院心臓血管外科で約1ヶ月過ごしたとき、ほとんどの患者が市内の家庭医から紹介で来院するのを目撃し、実習の終わりに家庭医診療所を訪ねて一日中その診療を見学しました。葛西先生の話していたことや、書物に書いてあったことがまさに目の前で行われており、その衝撃は今でも忘れられません。そして、自分の目指していた医療がここにあったと気づき、日本での家庭医療研修システムが未整備であっても、カナダでできることが日本でできないはずがないと確信したのでした。
 「地域に、社会に、日本に家庭医はどうしても必要な人材である。だから家庭医になり、そして家庭医を増やしていかなければならない。」という信念をもち続け、北海道家庭医療学センターを卒業後、家庭医療と無縁だった赤穂に来たのが平成16年4月のこと。すこしずつ環境整備しながら、赤穂で家庭医を育てるために必要な条件をそろえてきました。
 学習・教育環境の整備や、指導医として持つべき能力については、岡田唯男先生(鉄蕉会 亀田ファミリークリニック館山)から指導医養成研修を受けノウハウを学びました。岡田先生からの講義では「家庭医を増やすためには、家庭医を指導する指導医がいなければならない。指導医は自然に育つものではなく、指導医のノウハウを学んで初めて指導医になることができる。そして指導医を指導する人がいないと指導医は増えない。」という話を最初に教わりました。それゆえ、赤穂では家庭医を目指す先生方には指導医になるための学習を同時に受けていただいています。
 家庭医療研修の中でも力を入れているのがポートフォリオ作成と、その過程における「ふり返り」です。専攻医たちが家庭医として成長していく姿が目に見えてわかる喜びを感じながら研修指導しています。5月には当地で1泊2日のポートフォリオ合宿を開催し、当院専攻医のみならず近畿一円より専攻医が集まりました。近畿の指導医からのレクチャーや添削指導をうけるという全国的にも珍しい試みは大成功に終わり、今年もは近畿ブロック全体のオリエンテーションとして規模を拡大して開催します。
 平成26年度に専攻医第1号として入った立花祐毅先生はあっという間に修了をむかえ、スタッフとなり家庭医療専門医試験に合格しました。一昨年から当院で取り組む産婦人科と家庭医による病院での協働プログラムにより、赤穂市民病院におけるウィメンズヘルスの充実化に大変活躍していただきました。平成30年度からは県北部に異動があり、指導医として活躍開始してくれています。
 残念なのは当院の産婦人科常勤医が昨年突然退職してしまい、平成30年から産科医療休止に追い込まれてしまったことです。日本各地でみられる、僻地や離島での産婦人科医療の衰退に家庭医/総合診療医がストップをかけることができることを4名の専攻医達が質と量とで研修記録をもとにしたデータを出した矢先の出来事でした。産科医療再開する時を待ちたいと思います。
 家庭医療専門研修Ver.2は2年目に入り、3名の専攻医の先生方の目覚ましい成長にますます磨きがかかるのが楽しみです。総合診療専門研修Ⅱも開始となり、これまでのノウハウを存分に発揮した研修を行っていきたいと思います。
 さあ一緒に学びたい方、いざ赤穂に集まれ!

平成30年4月 一瀬直日

研修申し込みなど連絡先

赤穂市民病院
 電話:0791-43-3222(代表) ファックス:0791-43-0351
 プログラム責任者: 一瀬直日(いっせなおひ) 
 Email:issenaohi@yahoo.co.jp

トップへ

赤穂市民病院へのご意見をお聞かせ下さい。

頂いたご意見への回答は行っておりません。

ご意見ありがとうございました。
今後の運営に活用させていただきます。

診療内容に関するお問い合わせにつきましてはお答えできません。また、個人情報が含まれるお答えはいたしかねます。
お問い合わせされた情報は、お問い合わせへの回答でのみ利用させていただきます。

必須項目を全て入力して下さい。

お問い合わせ内容

お名前※
メールアドレス※
ご住所
電話番号※

※は必須項目です。

お問い合わせありがとうございました。